呼び捨てにしない文化

ウチの文化として

「呼び捨てにしない」

「乱暴な言葉は使わない」

「人の悪口や陰口を言わない」

というものがある気がする。

 

その人が目の前にいようが、居なかろうが

投げた言葉は必ず、自分のところに同じ角度で刺さる。

だから、できるだけ愛の言葉で包むように心がけているつもり。

 

 

ママのことも、「○○ちゃん」とか「○○さん」だし

ねねちゃんについては、「ねねちゃん」と、誰の前でも呼んでる。

あ、時々、「ねねこ」と呼ぶこともあるけれど。

 

仕事で行き詰まってきて

コーヒーを淹れて欲しい時とかも

ママには

「○○さん、コーヒーを淹れてもらえますか?」と、伝える。

「はい、わかりました」と、淹れてくれる。

 

かといって、別に距離が離れているわけでもない。

 

それを象徴するのが

ママの習い事への、パパの出没率だ。

image-呼び捨てにしない文化 | パパ部

 

こちらは、栄の丸栄でのイベントにママが出演した時のもの。

パパとねねちゃんは、出演時間まで、ベビールームで待機。

ママのステージを見て、一緒に帰る。

 

 

たぶん

ランダムに集めた100世帯のなかで

1番、家族が一緒にいる時間が長いと思う。

(24時間一緒にいたりするから)

 

 

「仲良しでいようね」

「いつもありがとうね」

「ほんと、かわいいね」

そんな会話は、毎日繰り返される。

当たり前だけど、とても大切な言葉。

 

それは、時々

「本心で思っていないから、口にして確認する」と

思われることもあるかもしれない。

 

 

そういう人は、墓参りにあまりいっていない人な気がする。

「先祖を大事に思ってるから、お墓に参らない」

というのと、一緒だからだ。

 

きっと、それは違う。

 

ご先祖さまは、「大切に思っている」ことは信じてくれていても

やっぱり、顔を見せてくれるほうが嬉しいに決まっている。

 

愛だって、何度も顔を出すことで

喜んでくれて、ますます近づいてくれるはずだ。

 

 

だから僕らは

そんな言葉を

繰り返し繰り返し

何度も口にするんだと思う。

 

いつも、ありがとうね。

 

TOP