主人公

< 1 mn read

ねねちゃんの5歳の誕生日
不妊治療で顕微受精をした、細胞が8個くらいの時から彼女をみてる。
「寧音」という名前に込めた願いは

人生の中で、
成功や失敗は、自分だけでは選べないけれど
丁寧に生きることだけは、どんな時でも自分で選べる
という思い。

自分だけでは決められないことは、世の中には多いけれど
自分で決められる心の在り方は、大切にして欲しい。

大好きな さだまさしさんの『主人公』という歌に
こんな詞がある

”あなたは、教えてくれた。
小さな物語でも
自分の人生の中では
誰もが、みな主人公”

あなたの人生の中では
あなたが主人公。

それは、
好き勝手やっていいということではないし
わがままを通せばいいということではない。

あなたが大切にしたかった思いが、叶った瞬間の喜びや
あなたがやりたかったことが、叶わなかった悔しさを
ちゃんと自分の責任として、全身で受け止めて欲しい。

誕生日を喜ぶ ねねちゃんを見ていて
僕も、僕の小さな物語の主人公であるということを
娘に教えてもらったような気がする。

大切な人を、大切にしたい。
大切な人が、大切にしているものを、大切にしたい。

自分の人生の中では
誰もが、みんな主人公。