参鶏湯(サムゲタン)と、
ねねちゃんのワンピース

このメガネ女子が着ているめっちゃ可愛い服、一式をプレゼントしていただいたよ。

メガネは、買ってないけれど(笑)

image-参鶏湯(サムゲタン)と、ねねちゃんのワンピース | パパ部

 

プレゼントしてくださったのは、井口さん。

みっちゃんからご縁をいただいて、何年の付き合いになるんだろう。

メールを遡ってみたら、2012年の6年前には、お仕事のやりとりをしているから、
そのもう少し前の7年近くかな。8年かも。

 

3年ぶりくらいに、ショッピングモールでカフェをしたの。

 

ママの友達でもあるから、みんなで一緒に。

そしてもちろん、ねねちゃんも一緒に。

image-参鶏湯(サムゲタン)と、ねねちゃんのワンピース | パパ部

 

 

井口さんは、ブライダルボディジュエリー『GELSOMINO』のオーナーでもあり、

ボディジュエリーキットのショップオーナーでもあり、

 

そして、本格的な参鶏湯(サムゲタン)を家庭でも手軽に作れる参鶏湯キット
製造と販売(卸や通販も)をしている

博淑屋(ハクシュクヤ)のオーナーでもある。

http://www.samgyetang.style

image-参鶏湯(サムゲタン)と、ねねちゃんのワンピース | パパ部

 

なんで、久しぶりにご連絡させていただいたかというと、

 

ぼくがいつもお世話になっている方に、想いを込めたお礼がしたくて

参鶏湯キットを購入させていただくと同時に

久しぶりに、ぜひ会いましょうという話になり、実現したもの。

 

カフェだけのはずが

「結婚祝いも、出産祝いもしてないから!」

と、ねねちゃんが喜ぶものをプレゼントしてくださることに。

 

「喜ぶもの・・・あったかい帽子とかかなぁ・・」

 

と、お店を見はじめたところ

いつの間にか、ワンピースも、インナーも、タイツも、靴も・・・

トータルコーディネートをプレゼントしてくださることに。

 

恐縮すぎる。

でも、こういうのって、遠慮してるのもよくないし

徐々に、「ねねちゃん、これも可愛い!」と、着せ替え人形状態に。

 

このワンピースは、ママも一目惚れをして、

今はちょっと大きいかもしれないけれど、絶対長く使えると、買っていただいたもの。

ちょっと長めも、めっちゃ可愛い・・・。

 

image-参鶏湯(サムゲタン)と、ねねちゃんのワンピース | パパ部

 

いつも、親戚のお古や、頂き物ばかり着ているねねちゃん。

全身、新品を着ることってほとんど無い。というか、初めてか・・・?

 

ねねちゃんも、服が気に入りすぎて

お会計のために脱がせようとすると、大泣きして服を着ようとするから

値札だけ切り取っていただいて、買っていただくことに。

 

そうやって、着たままモールをうろついていたら

メガネ屋さんで、こういうことになった感じ。

image-参鶏湯(サムゲタン)と、ねねちゃんのワンピース | パパ部

 

井口さんの参鶏湯は、我が家のイベントには時々登場する。

特に冬は、手軽に作れるし、みんなで温まれるので、めっちゃ重宝する。

 

ただ今回、参鶏湯キットを買おうと思ったのは自分たちのためだけじゃ無い。

いつもお世話になっている大切な人に、何をお礼しようか・・・と、考えたときに

「井口さんの参鶏湯しかないよね」と、ママと意見が一致した。

 

 

その、お礼をしたい方は、

いつも福井での撮影会を一緒にさせていただいている辻さん。

http://www.make-oluolu.com/profile/

乳ガンになり、そこからご自身の命と人生に向き合い

「自分の人生はたった一度の大切な宝物」ということを、体現している方。

 

お会いすると、誰もが惹きつけられる笑顔で出迎えてくださる。

辛かった時期があることなんて、わからないくらい。

 

そんな辻さんは、最近 毎年のようにシャインマスカットを送ってくださる。

そしてこれが、スーパーで買うものと比べ物にならないくらい、美味しい。

 

辻さんから、立派なシャインマスカットを頂いた!

 

撮影会の時でも、いつも人と人とのご縁を繋いでくださる

本当に、ぼくの人生にとって大切な方。

 

そんな辻さんに、お礼をしたいと思った時

想いを乗せる贈り物を、選びたかった。

 

 

だから、井口さんの参鶏湯がすぐに思い浮かんだ。

 

 

なぜ井口さんが、参鶏湯のキットを作ろうかと思ったストーリーはこちら。

http://www.samgyetang.style/our-story

image-参鶏湯(サムゲタン)と、ねねちゃんのワンピース | パパ部

 

井口さんは、辛かった時期があることを、リアルタイムではほとんど発信してこなかった。

ぼくと打ち合わせをしていた時期も、大変な状況だったんだな・・というのは、あとで知ったこと。

 

「重すぎるから」と、自分で背負いながら、
同時に、「大切な人のために、何ができるか」を考え続けていた。

 

それが形になったのが、参鶏湯キットの博淑屋

 

人を大切にする想いがある友達がいるのは

本当に人生の財産だなと思う。

image-参鶏湯(サムゲタン)と、ねねちゃんのワンピース | パパ部

ねねちゃんがいただいた服からも

井口さんのそんな想いを、ねねちゃんに伝えられたらいいな。

 

本当に、ありがとうございました。

 

TOP