『最高の人生の見つけ方』

僕は、健康的な生活リズムを送ってはいないと思う。

「ワークライフバランス」という点では、完全に落第点だ。

 

けれど、落合陽一さんが提唱する「ワークアズライフ」については

10年以上、継続しているつもりだ。

 

家族の理解と支えもあるし、

ストレスについては、他の同年代男性の比にならないくらい低いと思ってる。

 

とはいえ、身体のことを考えるタイミングはある。

そんな時に思い出すのは、「最高の人生の見つけ方」という

ジャック・ニコルソンと、モーガン・フリーマンの名演が光る映画だ。

最高の人生の見つけ方 のオススメ商品

 

原題の「The Bucket List」を、

「最高の人生の見つけ方」に変えたのは、いかにも「〜さがし」好きな日本的だなと思う。

 

〜さがしをしていて、〜が見つかった という人に

出会うことがない。

 

目的を達成している人は、達成する方法なんて探していないと思う。

ただコツコツと、向かっていくだけ。回り道をしながら。

それを、周りから見たら、「回り道をしていて、結果的に見つかったんだから、探していたんだ」と、評価されるだけだとおもう。

 


話が逸れた。

昨日は、いつもの友達と、ファーロ会。

久しぶりに参加した気がする。

 

お店に到着しても起きなかったねねちゃんは、

ママの足元の荷物入れにスッポリはまって、寝かされるという・・。

image-『最高の人生の見つけ方』 | パパ部

 

ビューティー効果を使って撮影してもらった写真。

image-『最高の人生の見つけ方』 | パパ部

 

みほちゃんも言ってたけど

こういう、気のおけない仲間で集まれることは、

人生の財産の1つだと思う。

 

ねねちゃんは

「一人でなんでもできる子」には、なって欲しくはない。

 

一人でも頑張れるけれど、

周りの大切な仲間と、一緒にやれる子に、なって欲しいなと思う。

TOP