パパ部

ねねちゃんの銀行口座を作ったよ

ねねちゃんが生まれて、すぐに、ねねちゃんの銀行印を作成していたの。

ちゃんと、彫り師の方に、伸ばしたい運勢を伝えて掘ってもらうやつ。

小林大伸堂の 「吉相印鑑」
http://www.kaiunya.jp/

作って、家のひっそりとした神棚に飾っていた。

 

そしてついに、お年玉を貯蓄するための、ねねちゃんの銀行口座をつくったよ。

もちろん、お年玉だけじゃなく、コツコツと、貯め続けていきたい。

 

 

通帳と銀行印を持って、記念撮影。

「それは、ねねの通帳だから、奪わないで!」

 

不思議なもので

自分で稼いでいるお金は、自分で使いたいという人間だったけれど

 

結婚して、家族ができて

子どもが産まれると

 

家族の幸せに還元したくなる。

 

「僕のお金なのに」という感覚がなくなるね。

 

家族みんなのお金。

ママがいるから、頑張れるし

ねねちゃんがいるから、頑張れる。

 

 

ねねちゃんに、「お金の苦労はかけたくない」とは

あまり思っていない。

 

お金で苦労するのは、若いうちはすごく大事。

返せる範囲で、ブラックリストに載らない範囲のローンを組んでしまって

ぜぇぜぇ言いながら、数年で返す経験は、何処かのタイミングでは必要かもしれない。

 

そういう経験があると、

本当の無理をしなくなる気がする。

お金の大事さを、身にしみてわかる気がしてる。

 

 

でも、

「お金が原因で、何かを諦める」ということは

選択肢に入れてあげたくない。

 

小さな節約や、小さな我慢は必要。

「お金がないから、今日はお肉は半分ね」とか。

 

でも、

「お金がないから、ねねちゃんがやってみたいピアノは、させてあげられない」

とは、言いたくない。

 

グランドピアノは買えないけれど、

小さな電子ピアノは、買おうねとか。

 

無いなりに、解決策を見出せるくらいは、貯めていてあげたい。

 

 

お金で多少は苦労する人生を、歩んでください。

苦労はしても、夢を諦めない人生を、歩んでください。