コロナ後の世界

1つ前の記事で書いたように、2月後半からできるだけの隔離生活を送っている。
そして僕は、この数ヶ月を区切りとして、もう前の時代には戻らないと思っている。

つまり、数年レベルで、コロナウイルス 時代を僕らは生きることになると思っている。

仕事のことについては、詳しくは書かないけれど、
チームメンバーには、何度も何度も、動画で語りかけている。

世界の経済がどうなるか。働き方はどうなるか。

でも、このブログでは、3歳の子どもを持つ親としての視点を書こうと思う。

新型コロナウイルス の感染リスク

まず、大前提として、コロナウイルス をどう捉えているかについて書いておく。

おそらく、仮にコロナウイルス に感染したとしても、僕ら家族は死なない
めちゃめちゃ苦しい思いをすることになるとは思うけれど、半分以上の確率では生き残れると思う。

じゃぁ、なぜ隔離生活をしているかと言うと、
大切な人たちを傷つける側に回らないため と言うのも、1つある。

けれど、気持ちとしてもっと大きいのは、
大切な人たちに、貢献できる道筋を守るためだ。

ママは、タヒチアンダンスのスクールに通っていた。
僕も大好きなスタジオで、ねねちゃんにとっても大切な場所だ。

でも、新型コロナウイルス の感染リスクを考えて、そのスタジオに行かないと決めたのは2月からだった。
そして今日、休止することを決めて、ずっと苦楽を共にしてきた仲間に伝えた。

彼女が休止を伝えるのをどれだけ悩んだか、身近で見てきた。
休会を伝えるために送信するメールを、何度も何度も見せてくれて
「この文章でいいかなぁ・・・気持ち、伝わるかなぁ・・・」と
ずっと、タヒチアンダンスの仲間のことを気にしていた。

それでも「今は、人がいるところに行かない」と決めたのは、万が一の時に誰かを助けられる側でいたいと、彼女が思ったからだ。
自分が感染をしていなければ、困った人を支えることができるかもしれない。相談に乗れるかもしれないと、思ったからだ。

「私たちは、隔離生活をしているし感染リスクはすごく低いと思うから、
 もしもの時は、遠慮せずに頼ってね」

と、大切な人に言えるようにするためだ。

インフォデミック

新型コロナウイルス は、パンデミックではなくインフォデミックだと言う人もいる。
致死率から見ても、大騒ぎすることではない”という意見の人もいる。

僕は、医学的見知にも立てないし、経済評論家でもない。

ただの3歳の娘を持つパパとママの視点から言うと、世界中で3万3千人の人が亡くなっている。

致死率で言うと、3.4%と言う人もいるし、国によっては18%と言う場合もあるらしい。
「高齢者以外は”軽症”なんだから、大丈夫」と言う人もいる。

僕は、その数字についてはよくわからない。脳みそに入ってこない

唯一、家族の顔を思ったときに感じていることは、この子一人で考えたとしたら、3万3千回も死ぬんだ。
ということ。

情報として、データの取り扱いとして不適切なことは、WEBを仕事にしているので知ってる。

でも、どうしても、そう思ってしまう。

「何人死にました」が、頭に入ってこない。
「あなたの大切な人が、何回死ぬ可能性があります」の方が、頭に浮かんできてしまう。

その状態が、まさにパニック状態だと言う人もいるだろう。
数字に弱いだけと言う人もいるだろう。
自分さえ良ければいいのか? それで潰れる飲食店はどうするんだ? と言う人もいるだろう。

別にどう言われてもいい。
大切な人の命を、ただ守りたいだけだ。

シャットイン・ファミリー

僕が今考えていることは、「隔絶された時代の家族活動」だ。

経済面では、シャットイン(閉じこもる)経済【シャットイン・エコノミー】と言われているらしい。

隔絶された家族だから、「シャットイン・ファミリー」とでもいうんだろうか。

とにかく、誰にも会うことなくみんなと繋がるということを考えている。

うちのビジネスチームでは、2週間に1回オンライン上でチアーズミーティング(予祝会議)をする。

オンラインミーティングが始まるときに、それぞれがアルコールやソフトドリンクを持って、かんぱーい! と言ってから話を始める。

毎年楽しみにしていた牡蠣パーティーも、今年は中止したので、オンラインで乾杯をして話し合った。

Online or Die

オンラインでやり取りするか、直接会うか と言われたら、当然直接あった方がいい場合が多い。
友達の笑顔を見れるし、触れ合うことができる。

でも

直接会って誰かが死ぬか、オンラインで完結するかと言われたら
現段階では、オンラインを選ぶ

そのくらいの気持ちで、隔離生活を送っている。

でも、唯一気になることは、3歳の娘の成長だ。

両親や、身内以外の触れ合いをこの時期に作れないのは、成長過程としては絶対に良くない

友達と喧嘩をして、友達にいじめられて、友達を叩いて、大人に叱られて、成長する。

うまくいかないことや、失敗すること、伝わらないこと、もどかしいこと
そんな思いを、いっぱいさせてあげたい。

今は、パパとママがずっと側で、ねねちゃん に向き合ってる。
でも、本来この年齢の子どもは、慣れない社会の中に突然放り出されて、泣きじゃくりながら必死に成長するものだ。

その環境を、作ってあげたい。

僕らの大切な娘にも
そして、チームメンバーの大切な子どもにも。

だから、オンラインでの子どもへの働きかけを、急ピッチで作っている。

うまくいかなくてもいい、失敗するのが当たり前、オンラインの最中に子どもが立ち歩いても泣きじゃくってもいい。

チャレンジしないことが失敗な時代になる。

スマホネイティブ

パソコンを触ったことがなくて、スマートフォンにしか触れてこなかった世代のことを
「スマホネイティブ」と呼んだりするけれど

それとは比にならないの世界が、今3歳の娘を待っていると思う。

オンラインコミュニケーションが当たり前。
仮想空間共有が当たり前。
生体トラッキング(人間の行動追跡)が当たり前。

だって、僕は今39歳だけれど

子どもの頃の電話の記憶って、親から受話器を渡されて「おばあちゃんに一言挨拶しなさい」って言われてたりするシーンだもん。

それが、受話器がない時代になり、話すより文字の方が早い時代になり、写真を送った方が早い時代になり

そして

おばあちゃんと話さなくなる時代になった。

今、3歳の娘がこれから過ごす未来は
パパやママの想像できる世界じゃない。

けれどその中で、今3歳の娘に伝えたいことは、

人の痛みを理解できる優しさと愛情を、持って欲しいと言うこと。

それは今のうちに、オンライン上だとしても喧嘩をしたり、うまくいかなくて泣いたりする経験をさせてあげないといけない。

コロナ時代は、そんな子どもの「当たり前」の成長過程さえも奪ってしまうかもしれない。
僕は、その運命に逆らいたい。

だから今、オンラインで子どもの社会性を支えるプロジェクトに、着手し始めている。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

 

TOP