所有物

大人になったねねちゃんには

怒られるかもしれないけれど

パパは、ねねちゃんを「所有物」と思った瞬間があった。

img_0070

かわいすぎて

僕や、ママが、面倒をみてあげないといきていけなくて

 

img_0175

生殺与奪が、ゆだねられていてさ

img_0173

 

ねねちゃんは、自分たちのものって

思った瞬間は、この1ヶ月で何度かあったな。
img_0172

 

でも

ねねちゃんは、どんどん成長していて。

 

昨日よりも重くなっていく「命の重み」を感じると

「あぁ・・所有しておけないんだ」っていう諦めが

少し寂しく

少し嬉しく

感じられる。

img_0171

人って、理不尽なもので

「いつでも手に入る」と思うと、

手元においておかない習性がある。

 

あんなに大好きだったケーキが

毎日食べられると思うと

「今日はいらなーい」って言ってみたり。

 

img_0170

ねねちゃんが生まれたばかりの時は

そんな感覚を、持っていたかもしれない。

 

ねねちゃんの全ては、パパとママのものって。

 

img_0169

 

でも

違うな。

 

ねねちゃんは、すでに

ねねちゃんの人生を生きている。

 

もちろん、大切にする気持ちはかわらないし

ケアしないと生きていかれないんだろうけれど

 

img_0168

パパやママと一緒に

別の人格の人生を、生きてるんだなって思う。

 

 

img_0167

 

だからこそ

もう少し、あと少しだけ

”所有している”気持ちに、させてほしいな。

 

img_0166

 

ねねちゃんを、「守ってあげなきゃいけない」立場で

いられる時間は、短い。

 

手のひらに、たくさんあった水が

少しずつこぼれていくように

 

ねねちゃんは、ねねちゃんになっていく。

 

こぼれた水が

小さな葉っぱを潤すように

 

パパもママも少しずつ

 

手のひらじゃなく

足元に生まれた小さな葉っぱが

大きな木になる過程を

 

大切に見守りたい。

TOP