ねねちゃんの靴と、
北風と太陽

ねねちゃんは、時々甘えまくる。

今日も、帰ってきたら
「ねねちゃん、靴が脱げないー」
と、脱がせてアピールをしてきた。

ほとんどの場合、
「ねねちゃんは自分でできるでしょ?」
と、しばらく放置すると、いつの間にか脱いでるけれど
今日は靴をはいたまま玄関に横になってぐったりし始めた。

「でーき〜なーい〜!」と叫びながら。

ふむふむ。
脱げないのか。

と言うことで、

「脱げないの? それは大変だ。
 パパがやってみるね

 あれ!? どうしよう!
 ねねちゃん、パパも靴が取れない!」

と、慌ててみる。

しばらくみていたねねちゃんがむくりと起き上がり
「ここにテープがあるでしょ。
 これを、ビリビリって取るんだよ
 ほら、そうすると靴脱げるよ」

と、靴を脱いでくれた。

よし、北風と太陽作戦成功だな。

と、思ったら。
もう一回靴を自分ではいて。

「ね。できるでしょ?
 パパ、最初からやってごらん」

と、言ってきた。

結局、
「本当だね。ねねちゃんの言う通り、こうすれば脱げるね」
と言いながら、パパが脱がせることに。

3歳の娘の方が、上手だったと言う話。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

 

TOP