生きることと、
そうでないこと

おかしな話だけれど

ねねちゃんが生まれてから

僕は、「死」をもっと身近に考えるようになった。

 

スヤスヤと眠っているねねちゃんが

息をしているのか、心配になることとか。

 

ねねちゃんとママを見送る時

帰ってこなかったらを考えることとか。

 

img_0141

 

無意味にナーバスになっているわけじゃない。

これは、ポジティブな死生観なんだと思う。

 

ねねちゃんが大事で

ママが大事で

 

ずっと一緒にいたいからこそ

 

「長生きしてほしい」って思う。

 

そして、僕自身も、

ねねちゃんが結婚する時くらいまでは

長生きしていたいなと思う。

 

そこから先は

のんびり死ねばいい。

 

NHKの「ママゴト」というドラマを観てから

ブルーハーツの「ナビゲーター」という歌が好きだ。

 

あぁ、この旅は

気楽な帰り道

のたれ死んだところで

本当のふるさと。

あぁ、そうなのか

そういうことなのか。

”ブルーハーツ” 『ナビゲーター』

僕らは、死に帰って行く途中。

 

このドラマは、いつか終わる。

 

だからこそ

ママとねねちゃんとの時間を

少しでも長く楽しみたい。

TOP