なぞなぞ遊び

最近、「これは?」と質問すると、答えるようになってきた。

 

例えば、「ゾウさんの鳴き声は?」と聞くと、

3秒くらい間があって、「パオーン」と言う。

 

頭の中で、いろんな神経をつなげているんだなぁと思う。

できるだけ、パパから答えは言わないようにしてる。

ねねちゃんの顔を見て、答えがわからなさそうなら、教えてる。

 

image-なぞなぞ遊び | パパ部

最近、次のステップとして、「じゃぁ、パパに問題出して」を、いうようにしてる。

 

意味がわかっていないのは、わかってる。

でも、何度か

「ゾウは?」 「パオーン」

「ライオンは?」 「ガオー」

「おサルさんは?」 「キッキー」

と、やりとりした後

 

「じゃぁ、今度はパパに問題出して」

というと、

 

少し考えて

「パオーン」と、言う。

 

すかさず、「ゾウ!」と、答える。

 

これで、逆引きの練習になる。

意味がわからなくても、ルールはわかってくる。

それでいいと思う。

image-なぞなぞ遊び | パパ部

 

どんなことにも言えるけれど

「問題を出す側」の方が、答える側よりも、知識が必要。

 

例えば、

「ゾウの鳴き声は?」

と、聞いた時

 

答えが「パオーン」だと、わかっていないといけない。

 

image-なぞなぞ遊び | パパ部

 

だから、できるだけ、子ども側から問題を出させる練習をしている。

質問に答えるよりも、何倍も学習能力は高まるはず。

 

 

将来的には、

大人にとっては、面倒臭いことかもしれないし

いつもどんな時も、大人が対応できるわけではないけれど

 

「対応できない」ということを、ちゃんと伝えて、ちゃんと理解すれば

子どもは、自分の頭の中で処理することができると思ってる。

 

 

近い将来

AI (人工知能)が発達して

どんな問題にも、瞬時に答えが返ってくる時代になったとき

 

「問題に答える力」以上に

「問題を提起できる力」が重要になる。

 

AIよりも早く回答できるかどうかは、人類は勝つことができなくなる。

だから、大事なのは、AIが困る問題を出せるかどうか。

AIを使って、一緒に考えられるかどうか。

 

そのために必要な力の1つは、

「課題を見つける力」だと、思ってる。

 

今日、問題を出し合いっこしていて

そんなことを考えてた。

TOP