ルールを守るだけの人には、
ならないで

ねねちゃんには、「ルールを守る人」にならないで欲しいなと思う。

かといって、「ルールを破れ」ということでもない。

 

「ルールが、守っていることを、守る人」になって欲しい。

 

今日、いつも遊んでいるおもちゃのトマトを、コマにして遊んだ。

本当は、お料理に使うもの。

教育としては、「お料理するもので遊ばないでね」が、正しいのかもしれない。

 

でも、

こんな角度もある。

こんな方法もある。

って、物事をいろんな角度から見られる人になって欲しい。

 

みんなが、ルールの中で真っ直ぐ進もうとしているときに

「ちょっと遠回りだけれど、こっちの方が安全だよ」って

言える子になって欲しい。

 

信号を守るのは、すごく大事。

赤信号では、飛び出してはいけません。

ルールを守るなら、赤信号は止まっていなくてはいけない。

 

でも、

信号が守っているのは、そこにいる人の安全と命。

信号の向こう側で、おじいちゃんがいまにも歩道に飛び出しそうになっていたら?

信号に向かって、フラフラした車が猛スピードで近づいてきたら?

 

 

信号が守っているものは、ルールじゃなくて、人の安全と命。

信号のいうことを守るんじゃなく、

 

それが守りたいものを、守る人になって欲しいなと思う。

 

 

 

余談だけれど

パパは、30歳を超えたくらいから、信号無視をしたことはほとんどない。

 

信号がない道路を、ヒョイっと渡ることはあるけれど。

信号があるなら、めちゃめちゃ急いでいる時以外は、必ず信号が変わるまで待つ。

 

明らかに、車が来ない道路でも

明らかに、周りの人たちがどんどん渡ってしまって、待っている方が恥ずかしい立場になったとしても。

 

それは、誰かが決めたルールを守っているからじゃない。

僕が、「信号は待つ」と、自分で決めたルールを、他人や環境で変えたくないからだ。

 

この時の「ルールが守っているもの」は、自分の意思。

小さなことだけれど、小さな意思の積み重ねで、魂は作られてる。

 

だから、信号は僕にとって、貴重な意思磨きの交差点だ。

TOP