結末が決まっていない桃太郎

ねねちゃんに話した昔話を

忘れないようにメモ


むかしむかし、あるところに

おじいさんと、おばあさんがいました。

 

おじいさんは、山へ芝刈りに

おばあさんは、川へ洗濯に行きました。

 

すると、川の上の方から何か丸いものが流れてきました。

少しずつ近づいてきます。

丸いものは、ピンク色をしています。

ピンク色の丸いものは、先がちょっととんがっています。

近くに来ると、それが桃だと気付きました。

 

おばあさんは、桃を家に持ち帰りおじいさんに見せました。

二人で、食べようと、桃を割ってみると

中から男の子が出てきました。

 

おじいさんとおばあさんは、子どもがいなかったので

その赤ちゃんを育てることにしました。

 

「育てるからには、名前は何にしよう

ねね子がいいかな」

「おじいさん、この子は男の子ですよ」

 

そんなやり取りの後、桃から生まれたから桃太郎にしようと

二人は決めました。

 

桃太郎は、とっても元気で、優しく、すくすくと大きくなりました。

 

そんな時、桃太郎は、村の人たちが何やら困っていることを知ります。

 

「どうしたんですか?」

「実は、悪い鬼が定期的にやってきて、村から食べ物や宝物を盗んでいくんです」

「それは大変だ。僕が交渉してみます」

 

こうして、桃太郎は、悪い鬼に交渉に行くことになりました。

心配したおばあさんは、桃太郎にきびだんごを3つ持たせてくれました。

「お腹が空いたら、食べるんだよ」

 

元気よく、鬼のいるところに飛び出したものの

やっぱり少し怖いので、桃太郎は仲間を集めることにしました。

 

最初に仲間にしたのは、犬でした。

犬は、桃太郎が腰から下げているものが、きびだんごと知って

わんわんと、桃太郎の周りを吠えて回りました。

 

「犬さん、そんなに吠えなくても、一緒に鬼のところに行ってくれるなら、1つあげるよ」

犬は喜んで、桃太郎についてきました。

 

しばらくすると、お猿さんが歩いていました。

犬と猿は仲が悪いので、わんわん・キーキーと、喧嘩が始まりました。

 

「猿さん、そんなに怒らなくても、一緒に鬼のところに行ってくれるなら、きびだんごを1つあげるよ」

猿は喜んで、桃太郎について行きました。

 

しばらくすると、キジがやってきました。

猿と犬は、美味しそうなキジを食べようとするので、キジは怖がって震えていました。

「キジさん、そんなに怖がらなくても、一緒に鬼のところに行ってくれるなら、きびだんごも1つあげるし、僕たちは仲間だから食べないよ」

キジは喜んで、桃太郎について行きました。

 

いよいよ、鬼達の事務所に到着しました。

中からは、赤鬼と、青鬼と、黄色い鬼の3人が出てきました。

 

「すみません、村の人たちが嫌がっているので、悪いことをするのはやめてもらえませんか?」

桃太郎は、鬼と交渉を始めました。

 

すると、鬼達はニコニコして言いました。

「もちろん、大丈夫ですよ。

でも、条件が1つだけあります。

私たちは、あなた達が持っているきび団子が大好きなので、1つずつ、私たちにください」

 

 

犬と、猿と、キジは、3人で顔を見合わせました。

「わしら・・・このきびだんごが欲しくて、ここまでやってきたからのぉ・・

今更、それをくれと言われても・・のぉ」

 

桃太郎は、困ってしまいました。

今のところ、全く役に立っていない犬と猿とキジに、きびだんごさえ渡さなければ

すぐに解決できた問題でした。

 

とはいえ、一緒についてきて欲しくて、自分が渡してしまったきびだんごです。

今更、犬と猿とキジから、無理に取り上げるのも、間違っている気がしました。

 

さぁ・・・どうしよう。

ねねちゃんなら、どうするかな。

 


この前辺りで、眠ってしまったので、

答えは、まだ出ないままです。

image-結末が決まっていない桃太郎 | パパ部

 

半分ずつにしようというのも、表面的な気がするし

何か他に、いい案があるんじゃないかなーと、寝かしつけながら、色々と考えていました。

 

いいアイデアがあれば、教えてください。

TOP