叩く子どもと、
しつけ

最近のねねちゃんは、よくパパを叩く。

みたかった動画を「ごはんの時間だから」と、取り上げられた時とか。

寝なくちゃいけないのに遊び続けているから、「これでおしまいね」と、取り上げた時とか。

 

 

ねねちゃんの叩き方には、特徴がある。

 

取り上げた時、「イヤだ」と言う感情にスイッチが入る。

顔がくもって、怒りが湧いてくるのがわかって

「ん!!!!」と、叩くフリをする。

そこで、一度止める。

 

つまり、「返さないと、叩くよ! パパ」と言う意思表示だ。

パパがそれでも返さないと、最初は軽くグーで叩く。

 

「ねねちゃん、叩かないで。パパは、ねねちゃんに叩かれると悲しい」

と、パパの気持ちを伝える。

 

その言葉のトーンによって、さらに叩き続けることもある。

強くしてみたり、弱くしてみたり。

 

特に、ねねちゃんのグーがパパの顔に当たりそうな時は、ちゃんと躊躇してるのがわかる。

 

 

ねねちゃんの叩き方によって、しつけの方法は変えている。

 

少しでも躊躇して叩いているときは、できるだけ感情の方に向き合うようにしている。

「悩んだ上で叩いた」のであれば、叩いたことが問題なんじゃなくて、悩み方のプロセスの方が問題なわけだから、「その悩み方だと、パパは悲しいよ」と言う方を伝える。

 

悩まずに、とっさに感情が出て叩いたなら、とっさの行動自体をすぐに叱る。

この辺りは、動物的な反応だから、動物的に叱るようにしてる。

特に、ママのことを叩いたときは、有無を言わさず叱る。

「コラァ!! ママのことを叩いちゃダメ!」

 

 

当然のことながら、叩くつもりがなくて当たっちゃったのであれば、全く叱ることはない。

「周りに人がいるから、気をつけようね」くらいだ。

この前、ママのお腹に飛び乗って甘えたときは、さすがに注意はしたけれど。

 

 

 

理由がきちんとありそうな場合は

「叩いちゃダメだよ。ちゃんと説明してごらん?」

と、理由を聞くようにしてる。

 

まだ上手には説明できないけれど、「これがイヤだった」と言うのは理解できる。

 

 

できるだけ、彼女の感情に寄り添うようにしてるから、仲はいいと思う。

叩いたことでケンカをしたとしても、すぐに仲直りして「パパ、一緒に遊ぼ」と言ってくれる。

 

 

何よりも大切なことは、

「叩いちゃダメ」と言うことを教えるよりも

「叩くよりも、別の解決策があるよ」と言うことを、教えることだと思ってる。

 

「叩かなくても、ちゃんと説明してくれれば、意見は聞く」と言うことを、示し続けているつもりだ。

だから、ちゃんと説明してくれたときは、その意見をできるだけ取り入れて妥協策を提案してる。

「わかった、じゃぁ後少しだけだけど、続けていいよ。

その代わり、これが終わったら寝るから、お約束できる?」

 

ねねちゃんは、ちゃんと説明をして約束をしたら、ちゃんと理解できるので、

多少ぐずるときもあるけれど、終わったらやめて布団に行ける。

 

 

 

そんな中、今日はとっても嬉しかった。

 

車の通りが多い横断歩道。

ここを渡るときは、必ず手を繋ぐか、抱っこをして渡っている。

 

今日は、自分で渡りたがった。

でも、ママは手を離すことはしない。

 

「んー〜! んー〜!!」と、手を振り払おうとする。

こう言う時に手がパッと離れて飛び出すのが一番怖いので、パパが交代してねねちゃんを抱きしめるように動きを止める。

 

駄々をこねながらも、引きずられるように横断歩道を渡った後

渡らせてくれなかったママに文句を言った。

 

「ママ、だめ!! ぶーー〜!!!」

ふくれっ面で、怒りを伝えてた。

 

 

「ねねちゃん、ママはねねちゃんを守るために手を繋いでくれてるんだよ」

と、諭すように説明すると、大きな声でこう言った。

 

 

「ねねちゃん、悪くないもん!!!」

 

僕の中では、初めてのセリフだった。

そりゃそうだ。ねねちゃんが悪いわけじゃない。

 

この歳で、

「自分が正しいと思ったことを叱られる理不尽」に対して、ちゃんと”自分は悪くない”と主張できる姿勢に、感動してしまった。

 

「そうだね。ねねちゃんは悪いことしてないね。

でも、ママもねねちゃんが大事だから手を繋いでたんだよ。

仲直りしてごらん」

 

結局、ふくれっ面のまましばらく拗ねてたけれど、彼女が自分の意見を大きい声で言えるようになったのは、すごく嬉しいことだ。

だからこそ、成長過程の中での衝突は増えるだろうけれど、僕は何にでも従う”良い子”を育てたいわけじゃない。

 

意見が違った時に、言い負かすこともスキルとしてはできるけれど

「あなたの気持ちはとってもわかるけれど、わたしはこう思うわ。

きっとその2つを掛け合わせると素敵な答えが見つかるはずだから、一緒に考えてみよう」

と、伝えられる子になってほしい。

 

 

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

 

TOP