Facebookにおめでたいことをつぶやくのが苦手

最初の理由は、

「子どもが生まれたことを、Facebookとかにつぶやくのが苦手」

というところからでした。

 

おめでたいことだし、

祝ってもらえるのはすごく嬉しいけれど、

なんか自分から言うのって、ちょっと苦手かも・・。

あと、「いいね」の数に一喜一憂するのも違う気がしてる。

 

でも、やっぱ記録としては残しておきたい。

知り合いには、見てもらいたい。

だから、「見てくれる人が、見たい時に見ればそれでいい」というスタンスで、書きたいなと思いました。

 

写真保存のクラウドサービスを選べない

写真を、ある程度長いスパンで、好きなように整理して保存するサービスというのが、なかなか見つかりませんでした。

iCloudも使ってる、

GooglePhotoも使ってる、

Amazon Photoも使ってる・・

 

それぞれに、写真としては自動バックアップされるんだけれど

容量の制限を受けるサービスもある。

そして、「エピソード」とともに保存することができなかったりする。

 

だから、自分がお金を払い続けていれば、200GB近い容量を使えるWordPress + xserverにしました。

そして、アップする容量は1600px以内に自動縮小することで、ほぼ無制限に写真をアップロードする環境を整えました。

 

子どもに記録を残してあげたい

やっぱり子どもには成長の記録を残してあげたい。

とはいえ、自分も自分の成長の記録なんて振り返らなかったから、本人が見ることはほとんどないのかも。

手紙とかも、もちろん書きたいけれど、やっぱり何かしらの時系列での成長記録を書きたかった気持ちは、ある。

 

ルールとしては、「子どもや、身内が嫌がったら、やめる」というのを決めています。

子どもが思春期になったり、嫌がった後でも、親のエゴでも続けるのはやめようと思っています。

そのときは、投稿を全部非表示にする可能性もあります。

 

 

ママを応援したい

最後は、やっぱりこれ。

ママを応援したい。

パパが育児に無関心だと、やっぱりママの気持ちのケアってできない気がする。

 

でも、パパが少しでも参加している姿勢を示すことって、大事だと思いました。

それは、行動でも大事だし、気持ちでも大事。

 

ママは、母乳の記録や、ウンチの記録をメモしています。

パパは、「かわいい記憶」を、メモしていきたいと思います。