運気にはバッファがあるという話

僕はけっこう

運気とかを信じる

もっと平たく表現すると

「人生の波」的な。

いい時もあれば

悪い時もあって

 

悪い時って

バッファだと思うの。

 

つまり

大きな強い運気が襲いかかって

大きく怪我をしないための

小出しの災難

 

サーバートラブルがあったり

プライベートな問題があったりすると

 

「あ、バッファ溜まってきてる」

って、思う。

 

だいたいそういう時は

お墓まいりに行けていない。

 

お袋に手を合わせていなかったり。

 

あるいは

ご縁や、輪廻や、

何か大きな力に

感謝やお礼を伝えられていない。

 

ということで

けっこう大きめなトラブルとかあって

 

「こりゃ、いかん」と思って

すぐにお墓まいりに伺ったの。

 

3ヶ月に1回は行くようにしてるんだけど

諸事情で、1回飛ばしてて、半年近く経ってた。

 

 

「伺っていなくて申しわけありませんでした。」

って

 

 

 

・・・・

バッファ、溜まってたのね。

 

 

一気に、お仕事が流れ込んできて

外部スタッフ様と連携しないとこなせない。

 

本当に、ありがたい。

 

ありがたいけれど、

対応できなかったら、意味がない。

 

いただいたご縁を

貪るのではなく、

適当に受け流すのではなく、

 

こういう時こそ

丁寧に。

 

人生には

成功も失敗もあって、

 

いいことばかりは起きない。

 

 

悪いことが起こった時は

悔やんでも仕方ない。

 

 

成功し続けることも

失敗し続けることもできないけれど

 

どんな時でも

丁寧に向き合うことはできる。

丁寧に、

優しい音(トーン)で。

image-運気にはバッファがあるという話 | パパ部

寧音ちゃん。

 

いただいたご縁には

大切に接していきたい。

TOP