自分の遺伝子

不思議なものだなと思う。

僕は、長生きしたい。

 

いつまでも、仕事を頑張っていたいし、

いつまでも、仲間と楽しく飲んだり笑っていたい。

 

そして何より、

ママと一緒に過ごせる時間を少しでも長く続けたいし、

ねねちゃんと一緒に居られる時間を、少しでも長く続けたい。

img_9976

 

でもね

 

ねねちゃんの寝顔を見ていると

「パパとママが、

おじいちゃんやおばあちゃんになって、

幸せに死んだとしても、

この子がその後も、生きていてくれるんだ」

img_9977

 

そう思うことがあるよ。

 

これを読んだら、もしかしたら、

「もともと、いいパパになる要素があるからね」って

思ってくれる人もいるかもしれないけれど

 

とんでもない。

 

正直、なんとなく「子どもが欲しい」と思っていたけれど

35歳になっても、本気で子どもが欲しいって思ってはいなかったかもしれない。

 

すごく、すごく偉そうな言葉を使うと

ママの年齢的にも、「産ませてあげたい」って思っていた部分が大きかったかもしれない。

 

2015年の10月16日だったかな

ママは、はじめて産婦人科に行った。

 

翌月の11月14日に、パパとママは、不妊治療の説明会に行った。

これを聞かないと、ねねちゃんを作ることができないんだって。

 

ちなみに、12月17日には、ねねちゃんの家の地鎮祭があるから、

ねねちゃんと並行して、家を建てていることになる。

この頃って、本当に夢中で、「よくこなしてたなぁ」と、今は思う。

 

ママの覚悟

パパが、パパになろうと決めたのは、

2015年の12月14日。

 

この日、ママはねねちゃんの元になる卵を採卵をした。

 

ねねちゃんは、きっと、ママの泣いた姿を見たことがあまりないと思う。

パパも、ほとんど見ない。ママはとっても強い人なの。

img_8386%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 

でも、この日は違ってた。

たぶん、僕が見た中で、ママは人生で一番泣いてた。

 

ねねちゃんの卵を取り出すために、ママはとっても痛いところに針を刺して、

ねねちゃんを取り出したの。

 

パパは、病室で手術が終わるのを待っていたんだけど

ママが戻ってきた時、ギョっとした。

 

一体、何があったんだろうと思うくらい、

子どもみたいに、泣いてた。

たぶん、ママはあまり覚えていないと思う。

 

一応、全身麻酔を打って手術したんだけど、その麻酔でも目が覚めるくらい痛かったって。

 

その姿を見て、ママがねねちゃんを迎える覚悟をしているんだなって思った。

パパも、覚悟しなくちゃと、思った。

 

だからね

パパは、ママとねねちゃんに、パパにしてもらったんだなと思う。

ありがとうね。

 

ママもねねちゃんも、

長生きしようね。

 

そう思うことが

パパにも勇気をくれて

パパも頑張ろうって思える。

TOP