JST NAGOYA HAWAIʻI Festival 2018

名古屋の栄オアシスで開催された

JST NAGOYA HAWAIʻI Festival 2018に

家族で参加してきたよ。

image-JST NAGOYA HAWAIʻI Festival 2018 | パパ部

ママは、ダンサーとして。

パパは、カメラマンとして。

そして、ねねちゃんも出演。

 

ステージ本番の前の、タヒチアンネーム授与式。

YouTube Movie

 

素敵な瞬間に立ち会えて、嬉しかった。

おめでとうございます!

 

 

最近ますます

コミュニティの大事さを感じる。

 

ファミリーとか、

チームとか

メンバーとか。

 

ママが、タヒチアンダンス をやっているから

パパも、そのコミュニティの楽しさや感動を、分けてもらえてる。

 

そして

ねねちゃんも、

みなさんにいっぱい声をかけてもらったり

いっぱい遊んでもらったりして

確実に、成長してる。

 

image-JST NAGOYA HAWAIʻI Festival 2018 | パパ部image-JST NAGOYA HAWAIʻI Festival 2018 | パパ部

動画は、やっぱり

好きにならないと撮影できないなと思う。

 

テクニックや経験で、

もちろんカバーできる部分もあるけれど

 

初対面の人だとしても

初めての場所だとしても

その場に立った時に

「あ、この空間好きだな」とか

「この人たちに、喜んでもらいたいな」とか

 

思わずに撮影したとしたら、

やっぱり、その「冷たさ」って、映像に残る。

image-JST NAGOYA HAWAIʻI Festival 2018 | パパ部

映像のお仕事をさせていただくときは、まずその人や、その場所を好きになってから、取り組ませていただいてる。

 

ブライダルの撮影は、友達しかやらないのも、それが理由。

少なくとも僕は、

その新郎新婦のことを好きじゃないと、

僕には、その人生の大事な1ページを撮影させていただく資格はないと思ってる。

 

今回の、テマラマタヒチさんの映像は

そういった意味では、好きな空気感を撮らせていただいたことに、感謝。

 

今回の撮影では、複数のカメラで撮影したので

いろんな方に関わっていただいたけれど

 

みなさんが撮影してくださった映像を見て

「あぁ、ここを撮ろうとしてくれたんだな」とか

気持ちを感じることができて、嬉しい。

 

きっと、楽しみながら撮影してくれたと思うし、

撮影してくれた映像を見て、それが伝わってくる。

 

 

こういう空気感を、家族で共有できるのは、本当に幸せなことだと思う。

TOP