パパとママが、
使っている言葉を話す

最近、つくづく思う。

子どもは、パパとママが使っている言葉を話す。

 

「ねねちゃん、あっちに行きたいの?」とか、聞いてると

「アッチ! アッチ!」と、行きたい方を指すようになる。

 

「ねねちゃん、可愛いね」と、言っていると

何か大事にしたいものを見つけた時、

「かーいー! かーいー!」と、言うようになる。

「ねねちゃん、こっちだよ。おいで」と、言っていると

 

行きたい方向がある時に、「おいで〜! おいで〜!」と、

「行きたい」を主張する。

 

 

ねねちゃんに何かを渡す時に、「はい、どうぞ」と、渡していると

人に何かを渡す時には、「どうぞー」と、言うし

何かを欲しい時にも、「どうぞー」と、言う。

 

「ねねちゃんは、大事な子だよ」と、

毎日、毎日、語りかけていると

 

パパや、ママの頭を撫でながら

「ダイジー ダイジ〜」と、言うようになる。

 

この前、栄のフォーエバー21 (奥さんからのツッコミで、H&Mと判明)で、

ねねちゃんの水着を見ていた時

 

近くにいたちょっと大きな子と

子ども用のアクセサリー売り場で、一緒になった。

 

1つのアクセサリーケースに、ねねちゃんと、その子。

ねねちゃんは、その子の動きに興味津々で、

その子が手に取るものと、同じものを手に取りたがる。

 

当然、少し年上の子としては、

なんか嫌な気持ちになる。

 

真似されている気がしたのかもしれない。

独り占めしたかったのかもしれない。

 

その子が、ねねちゃんに向かって

言葉にならない主張をし始めた。

 

その様子を、そっと見守る中で

はっきりわかるフレーズがあった。

 

その子が、

「キライーー!」

と、ねねちゃんに言った。

 

 

 

ねねちゃんは、

「嫌い」という言葉を、自分に向かっては、今まで一度も聞いたことはないはず。

 

ごく稀に、ご飯を食べない時とか

「この味、キライ?」とかは聞くけれど。

 

だから、多分

言われたフレーズの意味が、わかっていない。

何か、嫌なのかな? という、雰囲気だけは、上手に察する子だけれど。

 

その子が、いいとか、悪いとかではなく

 

子どもは、聞いたフレーズを、言うようになるんだなと、

当たり前のことを、確認した瞬間だった。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

 

TOP