乳アレルギーと1歳の誕生日

ちょっと、書くのが遅くなったけれど

10月7日は、ねねちゃんの誕生日。

 

ママが、ヨーグルトを使ったケーキを作ってくれたよ。

もちろん、ねねちゃんは、アレルギーが心配だから

ほんの少しだけ食べて、記念にしようね

という感じ。

 

うちは、オール電化だったから、

火をつけられないことに、ロウソクを立ててから気づく。

image-乳アレルギーと1歳の誕生日 | パパ部

 

ねねちゃん、興味津々で、パクリ。

image-乳アレルギーと1歳の誕生日 | パパ部

 

あっという間に、こういうことに。

image-乳アレルギーと1歳の誕生日 | パパ部

 

口の周りが、ブワァーーっと、赤くなってしまって

すぐに病院に駆け込むことに。

歩いて1分のところに小児科があって、

本当にありがたい・・。

 

その日は、アレルギーの検査の採血をして

1週間後に聞きにいったら

大豆は、それほどでもないけれど

 

乳成分に含まれるカゼインに、

中度のアレルギー反応が。

 

完全にダメな感じではないけれど

ねねちゃんのこれからの一生のことを考えると

ある程度、胃腸や肌が強くなるまでは

できるだけ、乳成分を控えていくのが良さそう。

 

ビスケットとかに入っている乳成分は

大丈夫だったみたいだから

完全に隔離するのではなく

様子を見ながら、楽しく食べられる範囲で。

 

赤くなってしまったねねちゃんも可哀想だけれど

一番悲しかったのは、ママだと思う。

 

喜んで欲しいと思って作ったケーキで

ねねちゃんを苦しませることになってしまった。

 

でも、検査の結果、

気をつける必要は、たくさんあるけれど

深刻な状態じゃなくて、よかった。

 

それがわかったから、

書いてみようと思った。

 

 

離乳食を始めた時は

大豆でも、アレルギー反応が出た。

 

正直、

「なんで、食べさせたの!?」って

思う時期もあったけれど

 

全ては、ママの愛情だと思う。

 

「これも食べて欲しいな」っていう

ママの気持ちが、何よりも最優先。

 

その結果、ねねちゃんも幸せに食べられるように

工夫をすれば、それでいいと思う。

 

結果的に、初めて食べるものとかで、

重篤ではない範囲で、多少のアレルギーが出たとしても

 

ねねちゃんなら、克服できる。大丈夫。

 

甲殻類とか、そばとか、

心配なものは、もちろん、様子を慎重に見ていくけれどね。

 

少しでも、

色んなものを食べさせてあげたいっていう

ママの愛情を受けて

 

人並みに多少の苦労をしながら

成長していこうね。

TOP