赤ちゃんから、
家族へ

ねねちゃんが

「赤ちゃん」から

「家族」になっていく。

 

不思議な感覚。

 

パパとママは

ねねちゃんのことを

一生懸命考えて、

その結果、ねねちゃんが生まれてくれて

 

パパとママの、

「あかちゃん」になった。

 

それが

少しずつ

「家族」になっていく感覚。

 

当たり前のことなんだと、思うけれど

この環境に対する感覚の変化、わかるかなぁ・・。

 

 

ただ単に、「守る」べき存在から

ねねちゃんの主張が少しずつ見えるようになってきて

 

あぁ・・これが好きなんだなとか

あぁ・・・これは嫌なんだなとか

 

 

感じるとさ

「人格」を、強く意識していくわけ。

 

赤ちゃんが、子どもになっていく感じ。

 

なんだか、不思議。

 

でも

間違いなく思うことは

 

ママとねねちゃんが

そばにいてくれて、本当によかった。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

 

TOP