思考は現実化する

言わずと知れた、自己啓発本の名作。

ナポレオン・ヒルの、『思考は現実化する』

 

これは、2006年(26歳の時)に、当時住んでいた埼玉県和光市にあるバーミヤンで読んでいた本。

 

詳しくは書かないけれど、

その当時、400万円くらいの借金が返せなくて、消費者金融からの電話が鳴り止まなかったの。

 

遊びで使ったんじゃないよ

全部、大真面目に「仕事の先行投資だ!!」と、意気込んで使ったお金。

今考えれば、「そこじゃねぇよな・・・」感しかないお金。

 

取り立てにテンパって右も左もわからなくなって

どうしようもなく暗闇の中を進んでいて

それでも、何かにすがりたくて、自己啓発本を買ってみた。

 

 

分厚い本で、カーネギーとのやりとりとか、幼少期のエピソードとか、

いっぱい載っているんだけれど、覚えているフレーズは1つだけ。

 

『全ての逆境は、成功への糧』

 

この言葉しか、覚えていないし

この言葉に出会うためにしか、この本は必要なかったんだと思えた本。

そのための伏線や補足が、いっぱい載っている本。

 

 

今でもこの言葉は、自分の中心軸に据えられている。

その後も、今でも、いろんな逆境があるけれど

その度に、「よっしゃ!!」と思えるのは、この本に出会えたからだなと思う。

 

読んだことがない人は

読まなくてもいいから、本棚に1冊置いておいたほうがいい。

 

人生の、何かどうしても、自分の力で越えられないと思える悩みや苦しさを感じた時

二日くらいファミレスや、ネットカフェに籠もれば、読み終えられる本。

 

この本を、開けないに越したことはない。

でも、人生の中で一番苦しい時、この本に救われる可能性はゼロではない。

 

TOP