今まで誰も教えてくれなかった人前で話す極意
〜年間330講演 プロの講演家が語るスピーチのコツ

さっきデニーズで読んだ本は、

鴨頭嘉人さんの

「今まで誰も教えてくれなかった人前で話す極意
〜年間330講演 プロの講演家が語るスピーチのコツ〜」

2時間もあれば、読める。

語り口調で書かれているし、すごくわかりやすい言葉で書かれているので、スラスラと脳内に入って行く感じ。

それでいて、メモるところはいっぱいある。

合計4ページのメモになった。

鴨頭嘉人さんのことを知ったのは、

父親が、「この講演家さん、ヒロくんに似ている気がする」と、YouTubeの動画を送ってもらったところが、きっかけ。

それから、1年くらい隔てて、ようやく彼の本を手に取る。

だって、鴨頭さんの講演動画は、YouTubeにあふれていて、それを見るだけでも勉強になるから。

本を読む前に、無料の「炎の講演家 鴨頭嘉人」のYouTubeチャンネルを見まくってしまった。

だからこそ、本の内容がスルスルと入っていったというのは、事実。

 

 

一番最初の、率直な印象は、

「うわぁ・・熱いなぁ、ちょっと嫌かも」だった。

鴨頭さん、すみません・・・

 

でも、その後、

友人が鴨頭さんの動画に出演していたり、

なんども何度も、スピーチの勉強で彼の動画を見るたびに

 

「おぉ・・・・この方は、すごい人だ」と、素直に思った。

 

それは、彼の話がキレイで、わかりやすくて、情熱的だから だけじゃない。

 

動画を何度も見るうちに、

鴨頭さんが、少し苛立ちながら、聴講者をモチベートする部分であったり

彼の技術に目がいくようになったから。

 

聴講者としての感覚から

「これ・・・自分がもし話すとしたら・・」

と、講演者としての感覚に少し近づいた時

「ヤベェ・・・これは、真似できない凄みがある」と、

プロの講演に、背筋が凍ったから。

 

だから、彼の本を買おうと思った。

そして、買って正解だった。

 

なぜなら、動画で何回も語っている同じことが

本では、別の角度で、脳に刺さるから。

 

動画を見て、わかった気持ちになっていた部分が

「なるほど、そういうことか」と、多面的に見られるようになったから。

それだけでも、価値が高い。

 

人前で話す人だけじゃなく

誰かの人生に、幸せな影響を与えたい人は、読む価値が高い本だと感じた。

 

 

 

TOP