丁寧に、生きてください。


前にも書いたけれど、

寧音ちゃんの名前には、「丁寧」の「寧」を入れている。

 

これは、

人生の浮き沈みの中で

成功も失敗もあるけれど

 

どんな瞬間でも、丁寧に生きることはできる

というところから、つけた名前。

 

もちろん

地元の大名の奥様のお名前からも拝借しているけれど。

 

 

 

 

最近、特に思う。

すごく、不安定な時代。

 

危険なこともあるし

新しいこともある。

 

時代の流れの中で

不安も、怒りも、いろいろな感情が

これからの寧音ちゃんに、試練として与えられると思う。

 

理不尽なことや、処理するのが大変なこともあると思う。

 

 

そんな時こそ

うまくやるとか、上手にやるとか

いい結果を出すとか、

そういうことだけじゃなく

 

丁寧に、生きて欲しい。

 

 

急いでつかんだ成功よりも

丁寧に超えてきた失敗の方が

人生の3分の1を過ぎてきたくらいの頃から

 

素敵な音を奏で始めると、

パパもママも、思ってる。